大学時代、何を血迷ったのか演劇同好会に入っていました

三歳からスイミングスクールに通っていて高校は水泳部、大学は一年生の間だけライフセービング部という海難救助のサークルに入っていました。

そのままライフセービング部で頑張っていても良かったのかもしれませんが、サークルの主な活動場所が湘南の鵠沼海岸というところで、自宅から遠かったというのと、そろそろ泳ぐ以外のこともしてみたいということで、二年生の東京の校舎に進級したのを機にライフセービング部を辞めて、演劇同好会に入りました。

 

なんで演劇同好会なんだろうと今、後付けで理由を考えると…

ハッキリとした理由が思いつきません。

当時はまだ芝居なんてほとんど見に行ったことがなかったし、中高生時代に特に文化祭で演じる喜びを感じた、などもありません。

ただなんとなく、「カッコいいかなぁと思った」というのが一番の理由でしょう。

それと人前で話すのが苦手だったので、それが演劇の練習を通して少しは改善されるのではないかと、当時、考えたのだと思います。

 

出演することになってしまった…

まあ、そんな流れで、演劇同好会に入ったのですが、二年生から入ったので最初は周りにうまく溶け込めず、あまり状況もわからぬままに定期公演に役者として参加することになってしまいました。

 

貰った役が「常に笑って踊る妖精」…。

四人ひと組で動く妖精たちのひとり…。

 

四人のうち二人は芝居に慣れた先輩、一人は勘と間合いの取り方が絶妙に上手い同時期に入部した一年生。

そして、演技も踊りもしたことがない勘も間も悪い私。

 

下手どころの騒ぎではなくて、お客に対してお尻を向けちゃいけないとか、腹から声を出すとか…

基本的なことが全然わかってないので、怖い上級生の女性の先輩に叱られて、怒鳴られて、いびられて、泣きたいんだけれども笑う妖精の役だから笑っていないとまた怒られる…

泣きそうな顔で笑いながらヘタッぴーなダンスを踊り、注意され、注意されながら笑っている…という今考えると地獄のような練習の日々でした。

 

まぁしかし月日は流れ、何とか、カタチになっていざ当日。

 

確か三日間、五公演くらいあって、連日、会場は学生劇団にも関わらず全キャストの親類縁者、友人知人が集まって立ち見が出るほどの超満員。

芝居小屋をちゃんと借りてやっていたので100人以上、見に来ていたと思います。

あがり症にはたまらなく、逃げ出したい状況…。

 

出演中のハプニング

そして、公演二日目に飛んだハプニング。

 

ポケットに持っているはずの小道具がナイナイナイナイナーイ!

 

焦りすぎて、アタマは真っ白、セリフはぶっ飛び…。

 

明らかに「素(ス)」の状態。

 

それでもなんとか何かしゃべらないと!

 

と思い、全然、セリフと違うことを言ったら、妖精役の先輩がなんとか繋いでくれて、その場をギリギリ乗り切りました

(って全然乗り切ってないんだけれども…)。

 

その後、かなり落ち込みまして、上手くなりたい思いで毎週多い時は四本くらい芝居を見に行きました。

 

約二年間で百本以上、見たと思います。

 

が、結局、上手い人を見れば見るほど自分には役者は向いていないと思い、本公演に一回、新入生歓迎会の舞台に一回出演後は、照明チームで照明器具を吊ったり、演出のスモークを舞台裏で炊いたり…の裏方を多くやるようになりました。

 

それでも、裏方でも、演劇の基礎練習には一応参加はしていて、発声や筋トレ、表現力を付ける練習、即興コント等々は、三年生の終わりの就職活動と言って逃げられるくらいの頃まではやっていました。

 

結局、私は演劇同好会に入って、演技が上手くなることもなく、ダンスが上手くなることもなく、対人恐怖症を克服することもなく学生生活を終えました。

 

演劇を学んでおいて良かったこと

しかしながら…

今になって、年を取るに連れて、あの演劇の基礎トレーニングが自己啓発的な訓練にはなっていたのかな? と思うのです。

 

笑うのがすごく得意になったわけではないですが、笑う練習をしたのは仕事に就いてから、いくらか役に立っていますし、ちょっとこの仕事ツライかなと思う時はコントをやっていた時みたいに演じていると考えるようにして、くぐり抜けることが出来たこともありましたし、そういうのは後からジワジワ~っと良かったかなぁと思えるようになりました。

 

あと、芝居を見る楽しさを覚えたのは本当に良かったです。

 

少し関わっていた分、裏方さんの気持ちもわずかながらに分かりますし、そういう側面から見ると、芝居は何倍も面白いです。

ここ十年くらいはあまり見に行けてなかったのですが、最近、少しずつまた芝居を見に行っていて、やっぱりお芝居っていいなぁと思います。

 

まとめ

学生当時はただツラい、なんで演劇同好会なんか入っちゃったんだろう自分…

としか思えなかったのですが、年を重ねるごとにあれはすごく良かったんだよなぁ、意味があったよなぁと思えるようになってきましたよ。