こんにちは。クレア自由が丘治療院の比良田めゆみです。

年末で書類の整理をしたり、忘年会のお誘いがあったり、お久しぶりですのハガキを出させて頂いた方たちからご予約を頂いたり、友人・知人に年賀状を書いたり…とパタパタしておりました。

そんなこんなも落ち着いて、気が付けばもう今年もあと一週間。

帰国後一年間、悩み、いろいろチャレンジしてみましたが、結局のところ、また元の生活が一番、安心するというところに落ち着いてきています。

英語力を落とさないように&早起きのためにオンライン英会話を再開したら、やっぱり楽しいなと思ったり…。

 

最近、よくクライアントさんに質問されること

「ホットヨガはまだ続けているの?」

 

今はヨガスタジオには通っていません。

帰国後に通っていたスタジオの方針が変わるということで、それを機に退会してしまいました。

「また始めよう」、「他を探そう」、「いいところないかな?」と考えているうちに月日が過ぎ…。

それで、新しいヨガスタジオに体験を申し込もうかな?と思うのですが、始めたのにやっぱり億劫になったとか、やっぱり違うかな? 入って失敗したな…と思ってすぐに辞めてしまうことになるのではないか? と考えると、ならば始めない方が良いのでは?

と思ってしまうのです。

何かを始めるから挫折感を味わうのであって、何も始めなければ挫折感を味わうことはない、私の繊細なハートが傷つくことはないと。

そのことを「ヨガは行ってるんですか?」のご質問のクライアントさんにお話したところ、こんな風なお返事でした。

 

始めることを恐れない

「始めないこと自体が、挫折なんじゃないですか?」

 

「!」

 

おぉ確かに!

目からウロコ。

 

自分のモットーは「やらないで後悔するよりはやって後悔する方がマシだ!」なのに、”やる”こと、始めることに躊躇している。

それでは、モットーを全うしていないではないか!(ダジャレではないです。モットーをまっとう(;’∀’))

 

来年から再び、ホットヨガスタジオに通うことにしました。

旅に出る前に通っていたところにするかもしれませんし、新しいところにするかもしれません。

旅前に通っていたところは2年半前に退会しているので、インストラクターの先生は変わっているかもしれません。

 

まとめ

合うか、合わないか、それは始めてみないとわかりません。

頭の中で、そろそろやりたいなぁと思い続けているだけでは、何も変わりません。

新しい出会いも恐れずに行ってみましょう!

始めなければ何の経験も得られません。

挫折を味わうことを経験することもできません。

 

何か続けることは素晴らしいことです。

しかし、ゼロ(何もしていない状態)→ 1(見た、知った、体験した状態)に持って行くエネルギーも尊いものです。