5月は少しパタパタといろいろありまして、ブログの更新がなかなかできませんでした。

おかげさまで充実した日々を過ごさせて頂いております。

そんなクレア自由が丘治療院の比良田めゆみです。

 

学校の先生をしてきました!

以前、リサーチの旅に出ていた『海外での日本人鍼灸師の開業権』について話をして欲しいという依頼を頂き、鍼灸の専門学校で授業をさせて頂きました。

また、旅の前と後で2回、世田谷区と目黒区で鍼灸院を開業しているという経験から、鍼灸師の開業に関してもお話させて頂きました。

はりきゅう社会学 90分×昼間部・夜間部の2コマ。

 

学校の先生って大変!

生徒さんのフレッシュで、予想外の質問にアタフタしたり、喉がカラカラになったり…。

学校の先生をやるというのは大変なのですね。

授業に使うパワーポイントの資料も100枚にのぼり、久しぶりにマウスを握りしめたら、腕が痛くなって、後日、自分で自分に鍼を打つ始末…(汗)

パソコン作業でお疲れのクライアントさんの気持ちを改めて体感できました◎

 

人に教えることは簡単なことではないですが、非常に興味深く、やりがいがあると思いました。

 

みんな海外×日本人鍼灸師に興味はあるのかな?

呼んで頂いて、お話するに当たり、生徒さんたちは「日本人鍼灸師が海外で活躍することに関して興味はあるのだろうか?」と考えていました。

しかし、授業を始める前にアンケートを取らせて頂いたところ、かなりの数の生徒さんが興味を持っているということが分かりました。

今、世界で主流となっているのは中国系の鍼なので、ぜひ日本人が打つ繊細な鍼を世界の人にも知って頂きたいものです。

 

海外関連のことを書いているので、最近、とてもよく海外での鍼灸に関しての質問のメールを頂きます。

ボランティアであれ、開業であれ、サッカーやテニスなどのスポーツトレーナーとしてであれ、海外で公演されるダンサーや俳優さんの帯同であれ、海外に挑戦する日本人鍼灸師をこれからも応援しています。

 

まとめ

授業をすることはとても、楽しかったです。

またこういった機会があったら、ぜひお受けしたいです◎

また世界に飛び立つ日本人鍼灸師をこれからも応援していきます。

そして、これから鍼灸師になろうという方とも積極的に交流させて頂きたいと思っております。

 

この度、「鍼灸学校で授業をしてみませんか?」と、お誘い頂いた原田先生に感謝です!

 

授業をさせて頂いたお茶の水はりきゅう専門学校さん。

都会のど真ん中にあって、施設もきれい、駅からもすごく近い!素晴らしい!