眠れぬ夜に…

 

子供のころから夜更かしが好きな健康そうなのに、意外に不健康な鍼灸師・比良田めゆみです。

 

今まで眠れないとおっしゃるクライアントさんが結構いらしたので、『不眠』について書いてみたいと思います。

 

 

かくゆう私も…

 

かくゆう私も、眠りに落ちにくいタイプです。

若い頃はとても悩みました。

眠りたいがために羊もたくさん数えました。

最高で2万匹まで数えたのは覚えています。

それは中学生の頃。

結局、羊を数えたところで眠れないと思い、もうそれ以来、羊は数えなくなりました。

 

高校生の頃に、後ろの席の友達にボソッと

「夜、なかなか眠れないんだよ」

と言ったら、

 

「うらやましい」

 

と言われました。

その友人は、勉強がとてもできて、しかも、軽音楽部の部活動も頑張っている子でした。

やりたいことがたくさんあるし、勉強ももっとしたいのに、

夜眠くなってしまうから、どちらもはかどらないと言うのです。

 

当時、若干、17歳の私にとって目からウロコでした。

 

眠れないのがうらやましいとは!!

 

そこから、少し『眠れない』に関して、考え方が変わりました。

そこまで、深刻に考えないようにしようと思うようになりました。

むしろ、眠れない日は起きていようと思うようになりました。

 

『眠ろう』という気持ちにフォーカスしないようにすると、あら不思議、眠れます。

 

 

私のやり方としては、

 

何でも良いのですが、すごく難しい本を用意します。

興味がない方面の物がベターです。

でも、読むとためになるのが良いです。

学術的なもの。

 

その方によって難しいと思うものが違うので、なんとも言えませんが、

例えば、経済学とか、建築学とか、法律とかが良いです。

文学でも、歴史書でも、心理学でも、解剖学でも良いのですが、

興味をそそりすぎてしまうものだと、あまり効果がないかもしれません。

 

電気スタンドを買ってきます。

 

電気スタンドに2時間とか3時間で消えるように、タイマーを付けます。

タイマー付きの電気スタンドというのがあれば、それでも良いですし、

指定した時間に電源が落ちる機器というのが確か1500円以内くらいで売っているので、

それを用意しましょう。

 

難しい本を読みます。

真剣に理解をして読んでください。

 

数ページで眠くなると思います。

でももし、全て理解をして、その本を一冊読破できたとしたら、とても賢くなるはずです。

どちらにしても、悪くない状態です。

 

眠くなるか、すごく賢くなるかの二択です。

一晩寝なくても、賢くなるなら、良いじゃないですか。

 

これを私は30代の頃に、マンガでやってしまいました。

よろしくないです!!

面白かったのです。

 

古い『三国志』のマンガ64巻を古本屋さんで大人買いしてきました。

読みました! 3晩くらいで!

不眠症対策として失敗です。

面白すぎたので。

 

しかし、『三国志』について、とても詳しくなりました。

これ自体はとても良かったです。

以前書いた、鍼灸マッサージ院のオーナーが大の三国志ファンだったのです。

私はオーナーとお話をするのが大好きだったので、話が弾み、

オーナーと仲良くなり、可愛がってもらえるようになったと思っています。

あまり女性で三国志に詳しい人は多くないので、これは本当に良かったです。

3日寝ないくらいで、上司に好かれる。

良かったです。

 

というのが、私の方式です。

 

が、いやいやそういうのでなくて、不眠のツボが知りたいんだよね…という方は、

↓ ですね。

 

 

不眠のツボ

 

不眠のツボを知りたい、という方のために、不眠に効くと言われている

ツボもお伝えしておきます。

 

これはとても有名なツボです。

『失眠(しつみん)』というツボです。

足の裏のかかと近くにあります。

ここは腰痛の時にも使うツボです。

ここにお灸をすると、良いと言われています。

足の裏はとても堅い方が多いので、熱めのお灸か、一回だけでなく、一回目のお灸が消えてから、

また二回目、三回目と施灸をすると良いです。

足がとても温まります。できたら、毎日。

 

 

まとめ

 

しかし、私は足の裏にお灸をしただけで、私は眠れるとは思っていません。

それで眠れるならば、不眠とは呼ばせません。

不眠症はそんな生易しい問題ではないです。

 

部分的な問題ではないからです。身体と心の不調和による複合的な問題です。

 

失眠だけではなく全身の流れを良くする治療を受けることをお勧めします。

 

眠れない方は、考え事をたくさんされる方が多いと予想されますので、

肩や首も凝っているのではないでしょうか?

また背中も凝っていませんか?

 

部分的に、というよりも、全体的に施術をすることを私はお勧めします。

 

ぜひ、お近くの鍼灸院に足をお運びください。

 

難しい本を読むのも試してみて頂きたいところですが…。