こんにちは。クレア自由が丘治療院の比良田 めゆみです。

先日、最近、よくクライアントさんに聞かれることという内容でブログを書きました。

もう一つ、よく聞かれる質問について書いてみようと思います。

始めることの恐ろしさよりも、始めないことの恐ろしさ。

 

よく聞かれる質問、その2!

「また旅に出たいと思いますか?」「もう旅には出ないのですか?」

 

「出ません!」

 

とお答えしています。

 

そりゃあ、二泊三日とか、一週間とかそれくらいの旅行は普通に行きますよ!

 

でも、でも、

もう、長旅はお腹一杯です。

 

旅をしながら時々、長期滞在をして、留学したり、現地の人と交流したり良い経験をさせてもらいました。

若い頃には長期で海外に行きたいとは全く思いませんでした。

 

昔は絶対ムリムリと思っていた共同部屋の安宿に泊まるのも慣れましたし、シェアハウスに住むことも自分はできるんだ!と思いました。

経験としては十分です。

 

たとえば、男女混合16人部屋とかね。

シンガポールの16人部屋。意外に過ごしやすいです!

 

そういうところに普通に泊まれるようになってしまった自分にもビックリです。

 

ちなみに安宿で3人部屋、4人部屋、8人部屋、16人部屋を経験しましたが、人数だけで考えると8人が一番過ごしにくいです。

4人部屋なら他全員に軽く自己紹介します。16人だとすれ違った時に「Hi!」くらい。

8人だと微妙に、自己紹介すべきか、「Hi!」だけにすべきか迷うラインです。

とりあえず二段ベッドの上の階の人と、隣りのベッドの人には自己紹介しました(;’∀’)

 

シェアハウス、シェアアパート、学校の寮もいろいろ泊まって、3人~7人~16人~寮だともう100人くらいいました。

最初の頃は日系のセブとマニラの英語学校のシェアハウスで日本人生徒だけで、3個目に入った学校でチャレンジで韓国系に入ってみました。

それまで「韓国&韓国人=怖い」というイメージしかなかったので、韓国系の学校に入ったら、自分はいじめられてしまうのではないかと思っていました。

そんなことは全くなかったです。

 

英語が下手なので、旅の途中で韓国人や中国人に嫌味を言われることはありましたが…がははははは(;’∀’)

日本人よりも表現が露骨なので驚きますが、まぁそんな人は稀です。

 

その後、イタリア人大家とフランス人の住むNYのボロボロのシェアアパートに住みました。

ここは月額日本円で10万円くらい払っていたので、安宿ではないはずなのですが、恐ろしくボロボロでした。

 

 

ボロボロアパート in Brooklyn, NYC

 

学校の寮では中国人・韓国人・台湾人・香港人・日本人・ベトナム人・スペイン人・ドイツ人・ロシア人などがいたり、シェアコンドミニアムでは、韓国人・日本人・ブラジル人・コロンビア人・チリ人がいました。


フィリピン・クラーク元米軍基地近くの学校の寮。プール付きは良かったです☆

 

ゴールドコーストではこの写真の一番背の高いビル(コンドミニアム)の37階に住んでいました。プールとスポーツジム付でしたが、勉強が大変で一度も使いませんした。もったいない!

 

謎な出来事もいろいろありましたが、なんとかシェアの住まいでもやっていけました。

ということで、それは経験としてヨシで、もうそういう暮らしは十分です。

 

また長旅に出るならば、「泊まるホテルは四つ星 or 五つ星ホテル、飛行機もビジネスクラスかファーストクラスに乗っていよ!」というのだったら、考えますが、そういうことは当分なさそうです(;’∀’)

 

ちょっと嬉しかった友人からのオファー

先日、海外で暮らす友人から連絡がありました。

「海外でエコビレッジ(地球にやさしい宿泊施設のようなものらしいです)を作ろうと思ってるんだよ。そこで鍼灸をやらない?」

「それは住むということですよね?」

「そう、住むってこと」

「海外にはもう住みたいとは思いませんよ。もう旅にはでないとクライアントさんに伝えています。日本に住むと決めました」

「では、行ったり来たりというのはどう?  ライフワークとして」

 

”ライフワーク!”

 

あら、素敵な言葉。

 

「検討してみます」で、締めくくっておきましたが、今でも心の中では「世界に日本の鍼灸を」というのは考えています。

日本にいながら、できることはないかと考えることはあります。

 

年に数回、一週間くらい出張で海外に行くのは悪くないなと想像してみました。

 

友人が海外でどんな施設を作りたいのかをもっと詰めて聞いてみないとならないのですが、失いかけていた夢に光を見せてくれただけでも、なんだか嬉しかったのでした。

 

まとめ

もう長旅には出ません!

四つ星以上のホテル、ビジネスクラス以上の航空券で旅に出れるその日まで!(その日はたぶん20年以上先…)

I love Japan!!

こんなに素敵な国は他にない!!