ここ一か月ほど、「ブログが書けない!」と考えていました。

こちらのブログではないのですが、もう一つのブログ『青い鳥を探しに…』には、いくつか記事を書いていました。

1年3か月の旅の途中につけていた日記をほぼそのまま載せている旅ブログです。

10月半ばに、フィリピン留学時代に一番お世話になった先生が旅行で来日されたので、東京を案内し、そのことを記事にしました。

それは世界の旅の延長線上にあるので、旅ブログに書いた方が良いかなと思った次第。

 

しかし、メインの治療院のブログには何か良いことを書かないといけないとか、真面目なきちんとしたことを書かなければ!と、勝手に思い込み、気持ちだけが焦っていました。

最初こんな風だったのが…

こんな風にもなっていました。書くことは苦手な方ではないはずなのに…

 

 

なぜ、こちらのメインサイトのブログが更新できなかったのか?

そもそも、なぜブログを更新しなければならないのか?

それは、看板も無く、まったく広告宣伝費にお金を掛けていない我が治療院において、ホームページは看板代わりだからです。

ホームページの更新をするとGoogleの検索エンジンがこのホームページは動きがあるなと判断します。

動きがあるホームページ=生きているホームページ

というのが、Googleさんは大好きです。

 

それも、急激にドッカーンと大きな動きがあるよりは、日々、地味~に変化がある方が好まれるようです。

そう考えると、サイト内の日々のブログ更新というのは、生きている証をGoogle先生に連絡するとても良い手段となります。

動きがあるホームページは、Google検索の時に上位に表示してもらいやすくなります。

また記事数が多くなることもGoogle的には高評価です。

 

記事数が増え、その内容が価値があると思うと、そのサイトをお気に入りにしたり、更新の都度、見れるようにRSS登録する方も増えます。

RSSとは…
RSS(アールエスエス)とは? – 初心者向けのパソコン使い方サイト【PCテクニック】

 

上位に表示してもらえるようになると、ホームページが見てもらえる確率が高くなり、見てくれる人数が増えます。

見てくれる人数が増えると、検索でより上位に表示してれるようになります。

 

うちの治療院のような治療院でも、コツコツとブログの更新を続ければ、広告費をあまりかけずにたくさんの人に知って頂けるチャンスというのはあります。

 

 

そうとは知っていても書けなかった

そういう大人の事情は知っていたのです。もう何年も前に。

若い頃にWeb制作の仕事もしていましたし、前の治療院の経営をしていた時に仲良くなった広告代理店の方からも、自然検索で上位表示され、たくさんの人に見てもらう方法というのは聞いていました。

でも、しかし、他の治療院の立派なブログを読むにつれ、あぁこんな風に立派なことは自分は書けないとか、もう他の人がこんなに立派なことを書いているならば、自分は書かなくていいのでは?とか、マニアックで王道を行きたがらない不真面目な性格なので、よく聞くような養生訓は好きではありません。

早寝早起きをして、適度な運動、規則正しい三度の食事を心がけてくださいなんて言っても、なかなかできないのが普通に生きている普通の人で、私の場合、できないならそれでいいじゃないと思ってしまうのです。

 

「やりたいことをやって、やりたいように生きて、頑張りたいときに本気で頑張って、頑張れないときには頑張らなくていいですよ。

調子が良かったり、毎日が楽しくてしょうがなくて、ウチの治療院のことを忘れてしまっているようだったら、来なくても大丈夫ですよ!

たまに思い出したり、疲れたと思った時に(できたら疲れすぎる前に)来てくださいね」

 

なーんて言っている鍼灸師では鍼灸師らしくなくてイカン!

 

とは思っても、それが私だからな…と。

 

なので、

 

ブログは書きますが、どんなに邪道だろうが、私の書きたいことだけを書きます。

普通の鍼灸師でないといけない理由なんてないのだ!と、自分は自分で良いのだ!とやっと腹をくくれました。

 

 

 

まとめ

私は私なので、治療院に来て頂く方のためのブログではありますが、私の思っている本音しか書きません!

好きなことだけ書いていこう!と思い立った次第。

 

どんなに格好つけたことを書こうとしたって所詮、ワタクシ比良田めゆみは、ただの普通の色んなことに興味を持ってしまうマニアックな四十路。

こんな私に会いたいと思ってくださった方に来て頂けば良いのだ!と思っております。

しかし、もちろん、鍼灸や整体マッサージの知識に関しても、マニアックであるのは確かなのです。

そこは忘れちゃあ、いけないところです。