ダイエットに効くツボをお願いします!

 

「前回の腰痛はどうですか? あの後の出張の飛行機は、ちゃんとヨーロッパまで問題なく乗れましたかね?」

「いやぁおかげさまで、なんとかなりました。ありがとうございます。」

「今日も腰が一番おつらいですかね? 左のここあたりですよね、いつも…」

「いやぁ、今日は、腰というよりも肩と首がガチガチで…」

「何かありましたか?」

「仕事が忙しくて!」

「何よりです」

「そうなんですけどねぇ。ストレスもすごくって。あ、そうだ! センセイ!! ストレスですごい食べ過ぎてしまって…。ダイエットに効くツボ!!ってあります? そういうのをお願いしたいんですけど…耳ツボですよね??

というのを聞かれることが時々あります。

 

それに関してのよくお答えしているお話をしてみたいと思います。

 

 

 

正直なところ、ダイエットに効くツボなんてない。

 

いきなり、夢を壊してしまってごめんなさい。

そして、耳ツボダイエット、やせる鍼灸的な方向で宣伝している先生、ごめんなさい。

敵対心モリモリで語っているわけではありません。

むしろ、その営業方針は間違っているわけではないので、最後まで読んで欲しいのです。

 

もしかしたら、そういう営業方針でされている方も、実は耳に痩せるツボはないと思っている方もいるかもしれません。

 

確かに耳に痩せる効果があると言われているツボはあります。

 

 

耳つぼ施術をされる施術師は、やせると言われているツボに刺激を与えるというやり方をする方が多いかと思います(銀粒《ぎんりゅう》という銀色の粒をテープで留めることが多いようです)。

 

私も試しに、鍼灸学校でもやってみましたし、どうしてもやってみたいという方に効果は私は保証しませんということで銀粒を貼ってみたことはあります。

特に効果はありませんでした。

 

百歩譲って、ツボの位置がズレていたとしても、やはり私は耳のツボでは痩せないという意見のままです。

 

そもそも私はあまり「〇〇に効く」というツボ自体、あまり意味がないと考えているというのもあります。

私の施術は、全体を診て、そのおつらい部分も良くするという考えなので。

 

胃が痛いからこのツボ、頭痛がするからここのツボを押せばいい、肩がこるから肩だけマッサージすれば良いというものではないです。

 

一時的に楽になった気がするということはあるかもしれませんが…。

 

耳のダイエットに至っては、効果も非常に分かりにくく、それで痩せられれば、世界中みんな耳つぼをやっているはずなのですが、今現在、そんなことはないです。

 

 

 

暗示や自己催眠という場合もある。

 

しかしもし、それで痩せたとするならば、そこに暗示の効果があるのではないかと思います。

自分で自分に催眠術かけるといったら、恐ろしい雰囲気もしますが、オリンピックに出場する選手やプロスポーツ選手、手に「人、人、人…」と書いて飲む動作をするとたくさんの人前に立ってもあがらなくなるというようなものに近い効果はあるでしょう。

せっかくダイエットのツボ治療をしてもらっているのだから、少し食べるのは控えようとか、せっかくお金を払ってダイエットの鍼に通っているのだから「食欲が鍼のおかげで抑えられている」気がするというのは思いたいかもしれません。

それも効果の一つと言えなくはないです。

 

 

 

ライザップ的な立ち位置としての耳ツボ

 

そして、最初の方で私が書いたダイエットの耳つぼや痩せる鍼灸を謳っているいる先生を否定はしないというのは、なぜかというと、それはライザップと同じだからです。

 

ライザップというのは、ご存知の方も多いかもしれませんが『〇日までに〇キロ痩せなければ全額返金致します』というような宣伝をしているダイエット指導専門のジムです。

 

うちのクライアントさんでも、ライザップや全額返金保障のようなジムに行かれた方がいて、そのお話を伺ってみました。

それはジムというよりも、生活指導なのです。

どういった食事をどのタイミングで食べて、それはきちんと日報に書き、担当のトレーナーに報告。

自宅でも決められた運動メニューをする。間食はしない(もしくは決められた間食メニューしか食べない)。

全て日報に付け、報告するそうです。

 

耳ツボダイエットも、食事指導・生活改善があってのダイエットです。

耳だけで簡単に痩せるというファンタジーは残念ながらありません。

そんなに簡単なことではありません。そこにはやはり努力が伴います。

 

でも、耳ツボダイエットに通っている、そこで生活指導を受けるというのは大いに良いことだと思います。

一人でダイエットをするのは孤独なものです。

ダイエット専門で指導している方はダイエットの知識も豊富でしょう。

ダイエットはやり方を間違えると、拒食症や過食症、貧血、内臓機能の衰えなどを招く場合があります。

専門家の指導を受けながらのダイエットはとても良いことです。

 

ぶっちゃけて言ってしまうと、耳のツボでなくても、足裏のツボでも、ヘッドマッサージ、オイルマッサージでも、カウンセリングだけでも良いくらいです。

ただ、何かの広まりで『耳ツボ=痩せる』というようなイメージで耳つぼがダイエットのアイコン的存在になったのかな?と。芸能人か誰かが言ったのでしょうか?

 

確かに耳のマッサージは気持ちが良いものです。

それは耳に走っている迷走神経というものから来ています。

 

(B) 迷走神経とは

身体の中を複雑に走り回っている、つまり迷走すると言う意味の神経で、主に内臓の働きを調節しています。

1) 食事のあと、交感神経よりも(迷走神経を含む)副交感神経の方が活性されて、穏やかになったり、眠くなったりします。

2) また迷走神経は、外耳道の耳垢腺にも神経の枝を伸ばしており、耳かきなどでここを刺激すると、気持ちが良いのは迷走神経を刺激されているからです。そして眠くなりったり、ヨダレが出たり、咳が出るなどの反射は、迷走神経反射と言います。

高見台クリニックHP「耳の話し (5)耳掃除はなぜ気持ちいい?」
http://takamidai-clinic.com/?p=17375より引用

 

副交感神経が優位になると、心身ともにリラックスし、眠くなります。

耳のマッサージはご自身でもできるので、リラックスしたい時、眠れない時などおススメです。

 

鍼灸など資格がない方でも耳つぼダイエットサロンをされていることが多いことから、当たり障りなく、気持ち良くダイエット指導の合言葉として『耳ツボ』という言葉が使われているのではないかというのが私の想像するところです。

 

ただダイエットカウンセリングを受けに行くよりは、耳を触ってもらって気持ちよくなったり、ダイエットがつらくなった時に、耳についたツボシールを触って、ダイエット頑張ろう!と自分を鼓舞したり、耳ツボをしているのだから痩せないワケがないと自己暗示をかけることも悪いことではありません。

 

 

まとめ

 

耳に刺激を与えるだけで痩せられるということはありません。

日々の食生活や生活改善あっての、トータルな面をご自身がそれなりに努力をされて、ダイエットは成功していきます。

当院では、耳ツボダイエットやダイエット指導のコースはありませんが、「耳マッサージをしてほしい」というくらいのリクエストにはお応えしております。遠慮なくお伝えください。

 

 

 

 

最後に

 

そして、きちんと痩せたい、ある程度の期間をダイエットに掛ける意思があります!という方は、

私が尊敬してやまない鍼灸師・大沢先生が経営されている伊豆の断食療養施設『やすらぎの里』をお勧めします。

滞在期間中に健康について学び、普段の生活に戻ってからもどんな生活をすれば良いのかという指導もして頂けます。

ダイエット以外にも、心身ともにリフレッシュしたい方、成人病が気になる方、長く休みが取れたので、ゆっくりされたい方にもおススメです。

断食ではなく、自然食を食べるコースもありますよ♪

やすらぎの里 – クチコミで人気の伊豆の断食道場