年末年始のご挨拶のハガキを出させて頂きました。

こんにちは。クレア自由が丘治療院の比良田めゆみです。

2年半ぶりに、クライアントさん約250名に、年末年始のご挨拶のハガキを送付させて頂きました。

帰国後一度だけ頻繁にご来院頂いていたクライアントさんにハガキを送付させて頂いて以来で、全体に発送するのはこれが初めてでした。

さすがに2年半ぶりですと、お引越しされている方も多く、「届け先不明」で戻ってきてしまったハガキも何枚かありました。

それでも、ハガキを見て思い出して下さった方から今日現在21名からお問合せを頂けたので、やっぱり久しぶりにご挨拶のハガキを出してみるのは大事なことだなと思いました。

 

「たった21名の反応?」と思われる方も多いかもしれません。

しかし、ポスティングチラシや新聞折り込みチラシは反応率0.1%や0.2%と言われているので、8%の反応率はとても良い方なのです。

その理由は、きっと一度でも私に会ったことがある方にハガキを送付させて頂いているということに理由があるのだと思います。

それと、ホームページのトップページに久しぶりに顔写真を載せました。これも反響が良かったようです。

 

私が旅に出たのは2年半前ですが、最後に私に会ったのはもっと前、4年前や5年、6年前になっている方もいらっしゃるので、クレア自由が丘治療院と聞いても、「はて? なんだったかな?」という方も多いことでしょう。

しかし、顔を見れば思い出せる方もいらっしゃいます。

比良田の顔を見て、「鍼灸 リラクゼーション」や「鍼灸 自由が丘」と結び付けて頂ければ、「あぁ、あの深層筋マッサージをしてくれる人ね!」とか、「あ!この人の鍼、すごい効いたんだよね!」と思い出してくださる方もいます。

 

知ってもらわないと!思い出してもらわないと!

顔を出すのは、本当は恥ずかしいのですけどね。

私の顔写真の印刷されているハガキがポイと捨てられてしまうこともあるでしょう!

ちょっと悲しいとは思います!

昔はそう思っていました。

チラシやホームページに顔写真を載せている人は、恥ずかしくないのかな? 自己主張が強い人なのかな?と思っていました。

でもね!

知ってもらわないと!思い出してもらわないと!

どんなに心の中で、「私の施術は結構、上手いですよ!」と思っていても、勝手に「自分はゴッドハンドだ!」と思い込んでいても、誰も来ません。

誰も思い出してくれません。

ですので、自分で言うしかないのです。

たとえ恥ずかしくても!

顔写真付きのハガキが捨てられても、くじけませんよ!

 

むしろ、捨てないでいてくれる数パーセントの方を大事にしたい。

長らく、治療院を閉じてしまっていたにも拘わらず、それでもまた問い合わせて来てくださる方の気持ちを大事にしたい。

 

そう思っております。

 

まとめ

チラシに顔写真を載せるのは昔は、抵抗がありました。

ホームページに顔を載せるのも恥ずかしかったですし、どうなるんだろう?と思っていました。

 

どうともなりません!

出さないと誰も知ってくれません。

 

自己顕示欲のためではなく、私のやっていることを一人でも多くの方に知って頂くために、顔を出したり、思っていることを書いているのです。

 

※もし以前、一度でもクレア自由が丘治療院の比良田の施術を受けたことがある方で、ハガキが欲しいという方はご連絡ください。施術を受けたことがない方でも、以前、何かのきっかけでお会いしたことがある方でしたら送らせて頂きます。貰っておいて損はないと思います。