こんにちは。クレア自由が丘治療院の比良田です。

 Yahoo!ニュースの健康関連記事を見ていたら、帯状疱疹(たいじょうほうしん)のことが載っていました。
帯状疱疹の軽視はダメ 悪化すれば点滴治療なども(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

私自身も帯状疱疹経験者で、また今まで何人か帯状疱疹の方を発見したり、帯状疱疹後神経痛(たいじょうほうしんごけいつう)の治療をしたことがあります。

 

帯状疱疹とは

帯状疱疹は風邪ほどではないですが、比較的かかる方が多い疾患なので、どんな疾患かご存知の方も多いかと思います。

しかし、あまりご存知でない方に概要を書きますね。

 

帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、水ぼうそうの元となっているウイルスと同じ水痘(すいとう)帯状疱疹ウイルスが元の病気です。

水ぼうそうはたくさんの人が幼少期に患い、発症後1週間程で治ります。

しかし、良くなったといってもウイルスが身体から消え去ったわけではないのです。

実際には、体の中に隠れて、何年にもわたり潜伏しています。

そして免疫力が落ちてしまったときにウイルスが再度活性化します。

免疫力が下がる原因には、過労やストレス、病気、高齢化などがあります。

免疫力の低下によって復活したウイルスは、神経の流れに沿って皮膚に帯状の水ぶくれをつくります。

この帯状の症状から「帯状疱疹」といわれます。

※ 以前は高齢者に多いとされていた疾患ですが、現在では若年層にも増加しています。

帯状疱疹の症状は

症状は、皮膚にチクチクするような痛みが発生することから始まります。

次に、そのチクチクした痛み部分にプツプツした赤い湿疹のようなものができ、水ぶくれになり帯状に広がります。

胸から背中、腹部などに症状が出やすいです。

他にも顔や手、足にも発生することもあります。

 

加えて、判別方法の一つでもありますが、症状が出るのは体の左右いずれか片側だけです

一度に複数カ所に症状が出ることは非常にまれです。

 

治る過程

きちんと早めに医療機関で治療を受ければ、長くても一か月ほどで、発疹はかさぶたになり、痛みとかゆみも取れていきます。

受診が早ければ、かさぶたの跡が何年も残ることはほとんどありません。

 

受診が遅れると…帯状疱疹後神経痛

医療機関での加療が遅れると、ピリピリした痛みは強くなります。

また、その痛みは長く続き、「帯状疱疹後神経痛」という疾患になります。

帯状疱疹のウィルスによって神経が破壊され、長らく神経痛に悩まされてしまうことになります。

若い年齢層の方でしたら、その神経痛の回復も早いのですが、高齢者が帯状疱疹後神経痛になった場合、回復がとても困難になります。

 

私自身の経験

私自身の経験でいうと、30歳になったばかりの時に帯状疱疹になりました。

ちょうど鍼灸の学生になった年です。

昼間は一般企業でオフィスワークをしていて、夜に夜間部の学校に通っていました。

ちょうど、仕事の繁忙期と学校の定期試験時期が重なってしまった時がありました。

その時期はとても忙しく、寝る間もないほど大変だったのですが、なんとか乗り越えました。

それで、すぐに休息を取れば良かったのですが、若さもあり、忙しい時期が終わった解放感で今まで行ってみたいなと思いながら、なかなか行けないでいた比較的運動量の多いスポーツジムの体験入会に行きました。

そのあと、湿疹が出ていることに気付きました。汗をたくさんかいて、あせもができたのだと思いました。

それに加えて、身体が痛いような気がしました。しかし、運動を久しぶりにしたので、筋肉痛になっているのだと思っていました。

 

それで、あせもの塗り薬を貰おうと思って、皮膚科に行きました。

しかし、診断はあせも+筋肉痛ではなくて、「帯状疱疹」でした。

早めに皮膚科に行ったことは正解でした。すぐに点滴と投薬の治療を受けることになりました。

おなかの皮膚が痛いようなかゆいような日が続きましたが、仕事や学校に影響が出ることはなく、1週間ほどの通院で治りました。

 

クライアントさんの帯状疱疹発見

70代の女性の帯状疱疹を発見したことがあります。

その方の場合は、腰痛がするというのと、その場所がかゆいというのと、発疹が出ているとのことでした。

常連のクライアントさんで、いつも身体のあちこち痛いところが多い方でした。

それでも、いつも鍼灸の治療を受けることが好きだったので、いつものように診てみたところ、「これはいつもと違う!」と感じました。

それで、「すぐに、この治療院の帰りに皮膚科に行ってください」とお伝えしたのですが、「かゆみ止めのクリームを持っているから、クリニックには行かない!」と言い張ります。

しかし、それでも気になって仕方がなかったので、職場の帰り道にその女性クライアントさんのお宅を通りかかる時に「明日、病院に行ってくださいね」と念を押し、それでやっと皮膚科に行ってくださいました。

診断結果はやはり「帯状疱疹」でした。

比較的、早く発見できたのでその後強い神経痛は残りませんでしたが、高齢ではあったので、少しその後、長らく帯状疱疹のせいかな?という神経痛が残り、それは鍼灸で治療を続けました。

 

帯状疱疹後神経痛の方も

60代の女性で、坐骨神経の流れにそって、脚に帯状疱疹が出たという方がいらっしゃいました。

その方は発疹は既に治まった状態でしたが、坐骨神経痛のような感じで長らく帯状疱疹後神経痛が残りました。

もともとは肩こりが強い方でしたが、普段の肩こりの治療に加え、坐骨神経痛の治療もすることになりました。

何度か「もう少し早く病院に行っていれば、良かった」とおっしゃっていました。

 

まとめ

「帯状疱疹かな?」と思ったら、早めの病院への受診をお勧めします。

他の疾患に関してもそうですが、「もしそうではなかったら?」というのは考えないでください。

もし、帯状疱疹でなかったら、「そうじゃなくて良かったね!」と喜べば良いだけです◎

 

たかが発疹と思っていても、重大な疾患が隠れていることがあります。

帯状疱疹は、ウィルス疾患です。初期に抗ウイルス薬を飲まないとひどくなる場合があり、処置が遅れると入院になる場合もあります。

帯状疱疹自体は鍼灸では治療することはできませんが、帯状疱疹後神経痛が残る場合は鍼灸の治療対象となります。

私の治療としては、痛みの出ている神経の流れに沿って鍼を数分置いた状態にし、脇に温かいお灸を据えていきます。

 

予防には、ストレスや疲れをため込まないというのが挙げられます。しかし、本人が大丈夫だと思っていても、いつの間にかストレスや過労はたまってしまっていることはあります。

どうかな?と心配に思うことがあったら、早めに病院を受診することをお勧めします。

病院に行く前に話を聞いて欲しい、病院では何でもないと言われたという場合は、鍼灸治療院の門を叩いてください。

また帯状疱疹後神経痛の緩和に鍼灸はとても効果が高いです。ぜひお試しください。

 

東急東横線・大井町線自由が丘駅徒歩5分自由が丘で自律神経調整と頭痛・首肩こりならクレア自由が丘治療院へどうぞ♪