こんにちは。クレア自由が丘治療院の比良田です。

 

手技療法に関しては、指針整体、浪越系指圧を学んだ後に田中鍼灸指圧治療院の経絡按摩の講習会で学びました。

田中鍼灸指圧治療院の田中勝先生の講習会に行くと、とても勉強になるから行ってみるといいよとアドバイスをくださったのは、私が鍼灸師になるきっかけを作ってくださった伊豆の断食道場『やすらぎの里』の大沢剛先生です。

ちなみにお二人の雰囲気は、なんとなく似ていて、二人とも仙人の雰囲気を醸し出しています(笑)

2011年に奥沢で開業した時に田中勝先生から頂いたお花。

 

田中先生の経絡あん摩から

田中先生の講習会に伺っていた頃、既に自分の施術スタイルがある程度、完成していました。

そこに先生の施術方法を加えてしまうと、施術時間がオーバーしてしまうので、田中先生から教わったテクニックで私の施術スタイルに組み入れるとより効果が上がると判断したものをいくつか取り入れることにしました。

経絡按摩は診断按摩とも言われ、ていねいに診断的あん摩(診断的指圧マッサージ)をして、ツボを探し、それを元に刺鍼のポイントとします。

経絡あん摩(診断あん摩)はどこがつらいのか、どこがツボなのかを見つけながら、診断即治療も行います。

とても診断のための手技ではありますが、とても気持ち良い手技療法です。

 

肩甲骨痛と肩甲骨と背骨の間に対しての診断マッサージ(経絡あん摩)

その田中先生の経絡あん摩のテクニックの中で、私が取り入れているのは、横向き(伏臥位)での、肩甲骨の内縁と首から肩・背中にかけたの背骨の経絡あん摩です。

肩甲骨の内側のへりをたどるように、はがすように動かしながら、肩甲骨の内側のこりをほぐしていき、また背骨の際のコリもほぐしていきます。

この動画は今から5年ほど前のものです。

今現在の方が、より肩甲骨のへりへのアプローチと運動法を取りいてて、より肩甲骨をはがし、肩甲骨の内部のこりが取れる施術を行っています。

肩甲骨周囲へ診断マッサージ

 

クレア自由が丘治療院のヘッドマッサージ

またヘッドマッサージの技も田中先生のテクニックを使用しています。

横向きで両手十本の指を駆使して、頭皮を揉み込むように気持ちよくヘッドマッサージをしていきます。

このヘッドマッサージは、両手十本の指で縦横無尽に、くまなく手首の関節のしなやかさを使って施術していくので、とても気持ちがいいと評判です。

田中先生も「両手の全部の指で、くまなくほぐして気持ちよくないわけがない」とおっしゃっていました。

経絡あん摩のヘッドマッサージ動画

 

まとめ

田中鍼灸治療院の講習会で学んだテクニックのいくつかを取り入れています。

上記の二つは確実に手技の中に取り入れていますが、各クライアントさんによって、「あぁあの時に田中先生に教わったテクニックがこの方には有効だ」という場合には、引き出しの一つとして持っているので、田中先生に教わった他のテクニックを使用することもあります。

田中先生からはこの他にも極細の鍼で気持ちよく響かせる鍼術や、その鍼のツボに相乗効果を上げる温灸の技術を学びました。

その技法もクライアントさんの状態により使用することがあります。

私の中で軸となる治療法は確立されています。

しかし、クライアントさんの体質・体調、季節・気候・気温に合わせて、その時々で使用する施術のテクニックはオーダーメイドで変わっていきます。

虚弱体質の方に刺激の強い施術をしてもかえって具合が悪くなります。

身体にエネルギーが満ち溢れすぎている人に、なでるような施術をしても物足りなくてかえって気持ち悪くなる場合もあります。

またもともと体力がない人もとてもエネルギーが満ち溢れている日もあり、またエネルギッシュな方が体調を崩している時もあります。

私の治療はその時々でお話を伺いながら、身体の具合を見せて頂きながら、施術を勧めていきます。