夢の中で空が飛びたかった!

ふと若い頃に、何かで読んだ『夢の中で空を飛ぶ方法』という文のことを思い出しました。

書籍ではなかったと思います。

レポートだったか、ネットでの文章だったか?ちょっと思いだせないのです。

だいたい、なんで夢の中で空を飛びたいとその頃、真剣に考えたのかさえも思いだせないでいます。

ちょっと考えてみます…。

・・・・・

・・・・・

 

やっぱり分からない・・・。

 

 

確か、その文章の中で、男性ならば!夢の中で、女湯に行くことも可能です!と書いてありました(汗)

でも、私は女性ですし、男湯に行きたいとは思わないですし…。

きっと、その頃は空を自由に飛べたら嬉しいなくらいに思っていたのでしょう。

 

なんて、かわいらしい時期があったのでしょう、私 ♪

 

でも、本気で飛びたいと思ったのは記憶しています。

なぜならば、その文章をきちんとプリントアウトして、大事なところはきちんと赤線を引いて読んだ記憶があるのです。

 

思い出せる範囲で、その『夢の中で空を飛ぶ方法』を書いてみます。

 

日々、生活している中で、これが現実の世界か、夢の世界かを確認することを訓練します。

そのために毎日、手のひらを見つめるクセを付けます。

そして、その手のひらを見た時に、「これは現実か? 夢か?」というのを確認します。

手を見る⇒現実

手を見る⇒現実

手を見る⇒夢だ!

で、ジャンプする!

夢だから、自分の好きなように、好きなところまで飛べる!

気持ち良く大空へ!

 

というような内容だったと思います。

あれ?書いてみると、たいして長い文章でもないですね。

数ページの用紙をプリントアウトした記憶があるのですが…。

大事なことは手のひらを見るクセを付けることくらいでしょうか?

 

その頃、だいぶ毎日、手のひらを見る訓練をしていた記憶があります。

結局、一度、「夢だ!」と、夢の中で気づいた時があったと思うのですが、飛べませんでした。

目が覚めてしまいました。

 

その後は、日々の生活が忙しかったのか、もう納得が行ったのか、夢をコントロールしたいなんて思わなくなりました。

 

 

夢をメモしていた時期もあった。

 

夢のことついでにもう一つ、夢に関することを思い出しました。

 

これも二十代の頃だったかと思うのですが、見た夢を全てメモするというのをやっていました。

これまた、何故にそんなことをやっていたのか理由が思い出せません。

当時、若干、クリエイティブな仕事をしていたので、何かのアイデア探しの為にやっていたのかな?と思います。

一週間もしないでやめてしまったのです。

なぜかというと、眠りが非常に浅くなると気づいたことと、夢と現実が分かりづらくなり薄気味悪くなったからです。

 

きちんと起きている時は良いのですが、寝て、夜中にふと目が覚めてメモメモとベッドサイドのメモに書いている時に、「あれ? これは夢の中かな? 現実かな?」と寝ぼけているので、よく分からない。

寝ているのか、寝ていないのかがよく分からない。

しかも、朝、きちんと目を覚まして読んでみるメモは意味不明。

気持ち悪いったらありゃしない。それでやめました。

今日、このことを書くに当たって、少し調べてみました。

夢をメモるなんてことを他にやったことがある人もいるのかな?と。

 

「夢 メモ」で検索すると!

 

「夢 メモ」でググってみますと…

おっ!

なことが書いてありました。

【絶対に真似しないで】1ヶ月間夢をメモしたら脳に異変が起きた – だって面白いのだもの

こちらの記事によりますと、この方も実際に夢のメモを取られたようで、下記のように綴られています。

現実にあった事が、夢だか現実だか区別がつかなくなったのです。

 その時、この検証は非常に危険だと思いました。忘れるべき夢をメモすることによって、記憶に残ってしまうのです。

今回は、1ヶ月でしたが1年間夢を記録したら「夢と現実」が混合してしまうと思いました。

 

ですよねー。

良くない良くない。

 

 

まとめ

夢の中で空を飛びたい!、ちょっと悪いことしてみたい!と思ったとしても、夢をコントロールするのはせっかく身体を休めるための睡眠の時間なのに、返って頭を使うことになり、休息にならないからおススメできない。

夢のメモや日記を書くのも、眠りが浅くなるし、本来、普段の頭の整理のために見ている夢で忘れていいはずなのに、文字化したり、忘れないように努力してしまうと、それが現実に起こったことと勘違いしてしまう場合もある。

いい夢ならばいいけれど、嫌な夢だったらそれが鮮明に記憶に残ってしまう場合があるから、精神衛生上よろしくない!

ということで、夢をメモる、夢日記もおススメできません。

わざわざ、これをやっている大人、やろうとしている大人は少なそうですね(笑)

まぁ、せっかく身体を張って(!?)実体験した思い出なので、ここに記しておきます。

 

空を飛びたい!ってこと自体は素敵だと思いませんか?

今、ふと思い出しても、空を鳥のように飛べたら楽しいだろうなとは思います◎