クレア自由が丘のブログ

美味しい蜜を

お知らせ , 日々のこと
2021年02月12日

蜜を吸うメジロ。お寺のお参り帰りに見かけました。

ものすごい勢いで上下してあちこちの花の蜜を吸ってました。

美味しいんでしょうね。笑。シャッタータイミングが大変でした。

時期早そうだけど花の形から桃かな?

春の匂いを感んじますね。

パリの調香師

アロマ , 日々のこと
2021年01月30日

Les parfums「パリの調香師 幸せの香りを探して」という映画を見ました。

天才調香師と運転手の人間模様や調香師の世界が覗けて良い映画でした。
香りも人も混じり合って、関わり合って化学反応を起こして新たなもの、香り、自分が生まれるんだなと感じました。

帰り、映画とコラボしている香水屋さんを訪れてみました。


マッサージの仕事をしてから天然のエッセンシャルオイルは身体や髪につけますが、いわゆる香料の香水はほとんどってほどつけた記憶がなかったのですが、映画に出てきた香料の原料や天然にはない香りや香りの変化も楽しめて興味深かったです。

映画にちなんだ香水が入ったガチャガチャがあったので試してみました。

フィグティという香りでフィグの香料を使わずフィグを表現した人気の香水だそうです。
金木犀ベースなので爽やかですが、甘い重めの香りがどちらかというと好きなので(^_^;)帰ってから、調香師に影響されたように持っているエッセンシャルオイルのシダーウッド、ローズ、オレンジを少し足したら落ち着いた自分好みの香りになりました😏

良い香り嗅ぐことはその時間、1秒でも自分と香りだけの空間になります。
いい意味で頭がニュートラルにリセットされます。
お仕事中や 忙しい日々の合間に好きな香り(香水でもコーヒーでもアロマでも)を嗅いで一 息するのはおすすめです。(*^^*)

ローズオイル

アロマ , 日々のこと
2021年01月23日

新しい年を迎えたものの、まだまだ落ち着かない状況が続いていますね。
海外旅行に行けるのもいつになるかなぁ、、、と少し寂しい気分になりますが
インターネット上ではいろいろ情報が見えるので、今は想像旅行で楽しもうと思っています。

ブルガリアも旅してみたい国のひとつ。
ご縁があるものの、バラ摘みを体験したいなぁと思ってまだ実現できておらず(-_-;)

ローズオイルは抽出方法によって違いがありがあります。
*ローズオットー(水蒸気蒸留法)
…3tものバラの花びらから僅か約1kgしか抽出することのできないとても貴重なもの、
溶剤を使用しないため安心して使える、オーガニックにこだわりたい

*ローズアブソリュート(溶剤抽出法)
…水蒸気蒸留法では抽出できない大きな分子の成分まで抽出できるので濃い香りが特徴。
一般的には溶剤は取り除かれて問題はないと言われているが溶剤の残留が気になる。芳香用としてはいいかも。

*アンフルラージュ(冷浸法)
…油脂(昔はラードやヘッドなど動物の油脂)に花弁を並べて抽出する方法。手間暇がかかるため今はほとんどこの方法で抽出していない。

*ローズアター(サンダルウッド油にくぐらせる)
…伝統的な方法ではサンダルウッド油を使用しているが安価のものはパラフィンベースのものがあるので注意。香りの持ちがよく、
抽出時にサンダルウッドの成分とまじりあい独自の香りが特徴。

精油製造の業者さんがどんな方法でどのような状態(溶剤やサンダルウッドの品質など)、環境などで
香りや品質が変わってくると思います。

ローズオイルについてに記事がありました。ちょっと旅した気分にさせられます。
バラの花びらの色を見てるだけでも癒させます~♪

ブルガリアのバラの谷
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/18/080800213/?fbclid=IwAR0vAvEZOZbgbuP0QnngTf9mween8-kC9c14cEyOFz6HqsBOFHLxAMXXnBI

ブルガリアのバラツアー
https://www.bulgariastudytour.com/laravel/public/?fbclid=IwAR1nphgLMfTTO82ulOM_iXPEBkMPPG3Bx_qUIlNin-bp0NtluCgo1nvRjJw

インドの伝統的なローズアター作り
https://news.line.me/issue/oa-natgeomagjp/qso3jpcxt1pr?utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=talk&fbclid=IwAR0qOIJPVb0DPTKV9YeAlh6D2XDchefahW_fdHJnFDRAN7L-e615I0tge0A

 

次ページへ »« 前ページへ