クレア自由が丘のブログ

キンモクセイ、金木犀、キンモクサイ、金木精

アロマ , 日々のこと , 未分類
2021年09月13日

 

今の時期、あちこちで咲き始めているキンモクセイ。

サロンでも斜め前のお宅にキンモクセイの木があり、換気でベランダの窓を開けるとふわ~っと香りが風に乗って漂ってきます。なかなかの距離!

このキンモクセイ、精油ではローズと同じくらい高価な精油ですがあまりボディケアには使用しないですね。

香水業界では今とても人気らしいです。

 

ところでこのキンモクセイ。漢字では「金木犀」と書きます。

由来を調べてみたら樹皮がサイの皮膚に似ているから中国で「木犀」と

つけられ、日本では黄色の花が咲くので「金木犀」とつけたとか。

犀って漢字を知らなかったのですが(^^;)動物のサイなんですね。

可憐な花にあの香りからして犀のイメージはないのに樹皮のイメージが押しでくるのか。。

まあ学名は「Osmanthus」でギリシア語の「osme(香り)」と「anthos(花)」が語源らしいので納得しましたが。

どうせならふわっと飛んでくる(香が)金色の木の妖精みたい!ということで

金木精にしたらいいのに!と思ってしまいました。( ̄▽ ̄)

 

しばらくはこの妖精の香りを楽しみたいと思います☆

 

 

虫よけアロマ、ロネ問題

お知らせ , アロマ , 日々のこと , 未分類
2021年08月27日

蚊に刺されることを前のブログで書いていますが、こちら→♡

虫よけのアロマってどれですか?ということで…

蚊よけには「シトロネラール」「シトロネロール」という成分が入った精油が最も効果的。
この成分がメインで入った精油が シトロネラ・レモンユーカリ・ゼラニウムエジプト など

またよく虫よけスプレーに入っていたり、言われているレモングラスは実は主な成分は「シトラール」
と言って、似たような名前ですがこちらは抗ヒスタミン作用(アレルギーなどの炎症を抑える作用)や
抗菌作用がメインの精油なので、人によっては虫よけにならない、シトラールとシトロネラ―ルの名前が似ているから
間違えて伝わったとか言われていることもありますが、成分分析で微量にシトロネラ―ルも含まれているので

※委託蒸留や成分分析を行っている会社ピュアスティラーさんのサイトより https://purestiller.jp/test_rent/gcms.html

私的には効果はあるかなと思います。
実際、以前のブログで書いたアロマスプレーでは濃度が薄く、刺されてしまったので効果が低いように感じ
レモングラスのみをコットンに1滴落としてブレスレット状のポケットに、マスクシールに一滴垂らして貼ってみたら刺されずに済みました。


マスクシールはこんなのです。

レモングラスの結果はないですが、精油の濃度によって蚊が香りを避ける時間が違う実験をされています。
https://gakusyu.shizuoka-c.ed.jp/science/sonota/ronnbunshu/103082.pdf

なので、スプレー状にして濃度が薄くなるより原液をつけて濃度が濃い効果ではないかと思います。
精油原液は肌に刺激があるので直接つけないようにしてくださいね。
また素材によって精油は溶かす作用もあるので精油を落とす容器などの素材も気をつけてください。
レモングラスは特にまた妊婦・緑内障の方も注意が必要です。

アロマ協会も臨床人数が少ないものの(^^;)レモングラスの蚊よけ効果が期待できると言っています。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000005249.html

その他、l-メントール(ペパーミント)も効果的です。

虫よけ、一言で言ってもいろんな虫がいるのでヾ(。>ㇸ<。)ノ
虫によって使うアロマも変わってきます。

みんなが嫌いなGさんはオイゲノール(クローブ・シナモン)や1.8シネオール(ローズマリーシネオールなど)の香りが嫌い
なのでケミカルなものを使いたくない!という方の対策に。
※強い精油なので原液に触れないよう気をつけてくださいね。

ちょっとの疑問が考えさせられた。。

アロマ , ボディメンテナンス , 日々のこと
2021年08月21日

「森のバター」と言われるアボカド。

ビタミンEも豊富で栄養価も高く美味しいですよね。

私も先日スーパーでお買い得だったので( ̄∇ ̄)ここ数日、アボカドを食べていました。

食べていた時にふと、アボカドってほぼメキシコ産だし、日本人の体質にとって

アボカドってどうなんだろうか?と考えました。

バナナやマンゴーなどもそうですが、やはりその土地で育ったものを

その土地の人が食べる地産地消が身体にも自然環境にも自然なのでは?

ということがいつも頭にあり、でも夏場は南国物はいいかな、とか

やっぱりたくさんではないけれどそれを食べてしまう自分もいます。

 

世界のアボカド生産地は80%はメキシコとのことですが、

アボカドを育てるには大量の水が必要で、アボカドの需要がだんだん高くなって

生産地も広がり、土地の環境問題も出てきているそうです。

それだけでなく、現地の経済や犯罪被害、生産者の健康被害まで影響が出てると。

ここではあえて書きませんが気になる方は以下の記事を読んでみてください。

その1 https://toyokeizai.net/articles/-/279096

その2 https://toyokeizai.net/articles/-/283276

2年前の記事なので変化しているかもしれません。

ちょっと考えさせられました。

アボカドはそれだけで食べても、サンドイッチや、サラダ、ワカモレ、はたまた

美容にはパックをしたり、アボカドからのオイルを摂ったり付けたり。。。と

とても活用してました。

上記の記事が全てではないですが、バックにある時事を知るとアボカドひとつでも

重みがある。

さまざまな国の経済的発展や健康、環境問題を考えると難しいこともありますが

日本人の自分には地産地消を基本に心がけ、必要以上に消費を求めず

さまざまな背景を知ることなのでしょうか。。。。

何事もバランスですね。

 

アボカドで言えば、日本でも愛媛の松山市で日本産のアボカドが作られているそうですよ。食したことはないですがちょっと食べてみたいですね。

 

 

 

次ページへ »